60過ぎのアコギ弾き

アクセスカウンタ

zoom RSS メリルOM−18

<<   作成日時 : 2015/09/17 15:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

D−45を何日か楽しんだ後に弾き始めたのは、メリルOM−18だ。

現役のマーチンの音に浸った後に、そのマーチンのゴールデン・エラ期の再現と言われるこのギターを久し振りに徹底的に弾いてやろうと思った次第。

何しろ、ミスターOMとも言われるエリック・ショーンバーグが「もうヴィンテージのOMを探す必要はない。メリルが昔ながらの素晴らしいOMを作っているからね。」と言ったという優れものだ。

マホガニーといえば、軽くて明るい音が持ち味という印象が強いが、このギターは温かみがあり素晴らしい艶がある。惚れ惚れしてしまう。ネック幅が私の好みより少しだけ広いが、弾いている内に慣れる範囲だし、そんなことを凌駕してしまう魅力がある。

実は、赤レンガでのコンテストのステージでも、これを弾こうかどうかいつも悩んでいた。結局は曲の雰囲気やら色んな理由で違うギターに落ち着いているのだが、もし万が一、来年も機会を貰えるのならメリルを弾こうと思っている。
画像

写真はボヤけているが、バックのブレーシングに刻まれている文字。現在の社名の「Merrill & Company」ではなく「Merrill Bros.」になっているのが初期の作品であることの証しかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
突然すみません
目に留まりましたもので・・・
今春に私もMerilのOM-42を手にしまして
その際にこちら様のブログを何回か目にした次第です。
私のMerilは残念ながら少しTOPが膨らみかけていますが
大切に弾いていこうと思ってます。
突然に失礼しました。

2015/09/19 09:56
柳田さんにメッセージを書けて嬉しいです!

メリルOM−18は私も聞き惚れてしまいます。
実際持っていないのですが、
専門店に行っては必ず弾いております。

実はメッセージを送ったのは、
JVパートナーを探しておりまして、
ご連絡しました。

現在、アコギが弾けるようになりたいと考えている方に
最新ビデオなどを提供しております。

柳田さんのような、
ギターを愛する方と
一緒に活動できればと思いました。

具体的にどのようなことを柳田さんに
ご協力いただきたいかと言いますと、
最新ビデオを提供するページがあるのですが、
それを柳田さんのブログで
紹介してほしいのです。
広告部分で結構ですので、
そちらに追加をしていただければ嬉しいです。

1件のお申し込みで300円ほど
柳田さんにプレゼントしたいと思います。

もちろん10件のお申し込みがあれば3000円です。


最新ビデオでは無料なので、
多くの人がお申し込みしやすいと思います。

アコギ初心者を多くの人が
卒業して、好きな曲を好きなときに好きなだけ弾ける
毎日を送ってほしいと願っております。

ぜひ柳田さんと活動できれば嬉しいです。

もし興味がありましたら、
一度ご連絡ください。

info@desidea.pw

最新ビデオプレゼントのホームページや
具体的にどう紹介するのか、とか、

などを説明したいと思います。

興味があればそのままスルーして
いただいて、応援メッセージとして
受け取ってくださいね!


どうぞよろしくお願いします。


追伸:

私もメリルOM−18欲しくなりました。
LEO
2015/09/20 17:21
陣さま
OM-42ですか…。ローズ系のメリルも良いでしょうね。お互い、目一杯弾いて楽しみましょう!
柳田としや
2015/09/27 11:44
こんばんは。
ネットサーフィンしていて、お邪魔しました。

私も随分前に、メリルのOMー42極上ジャカランダ製なるものを、財形貯蓄を切り崩して購入しました。
さすがに、このギターはすばらしいです。今やマーチンのジャカランダは600万超えは当たり前。
そう思いますと、忠実な制作のメリルはコスパが良く本当に高性能だと思います。世界のアコギ界のプロがこぞってメリルに買い変えるわけです。

気になるのは、今だに、メリルのトップの膨らみや、扱いに難を言う方がいることです。これは、所有者の管理の問題であります。鉄弦も緩めずに、ケースにしまいっ放しにしたり、弦の力を弾き終わり時に解放せねば、いくら造りの頑丈なメリルのギターでも何らかのトラブルは起きますし、他の舶来ギターも同様でしょう。

たとえ1週間でも油断はできません。鉄弦の張力は70kg以上です。こんな力がブリッジにかかりっ放しでは、そりゃあトップの膨らみ、変形を起こします。
私は、常に調弦と緩めを抜かりなく行い、既に10年以上も、ネック変形、クラック、歪なしです。
私は、念のため、エクストラライトゲージにして、指にもやさしい弦にしてフィンガースタイル、時には、サットンさんのようなブルーグラスなどを弾き倒しています。

とにかくメリルは貴重なギターなので、いずれは相当なプレミアムな高騰になるでしょうから、大事に管理維持してください。
しのぴー
2016/01/31 17:39
ギターの管理は本当に大切ですね。私も若い頃は弦を張ったままにしてトラブルを起こしてしまったことがありました。初めのうちは、毎日チューニングをするのが面倒でしたが慣れれば何の問題もありませんね。弦は消耗品ですがギターは違いますから。
色んなギターを弾き(所有)ましたが、メリルが構造的に特に弱いとは感じていません。やっぱり、要は管理の問題だと思います。
柳田としや
2016/02/01 15:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
メリルOM−18 60過ぎのアコギ弾き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる