アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ギター」のブログ記事

みんなの「ギター」ブログ

タイトル 日 時
我がメリルOM−18 〜近況〜
我がメリルOM−18 〜近況〜 大切なメインギター・メリルOM18の近況です。 トップ板が割れた。元々割れを修理してあったものを中古で入手したものだが、古傷が開いたようだ。入手後6年以上経っても平気だったので少なからずショックを受けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 23:25
メリルの出番
赤レンガ倉庫でのコンテストではメリルOM-18を使った。今回の楽曲に合うと思ったからだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/13 11:59
メリルOM−18
メリルOM−18 D−45を何日か楽しんだ後に弾き始めたのは、メリルOM−18だ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2015/09/17 15:03
ギター選びのポイントはネック
ギター選びのポイントはネック ギターを選ぶ時の判断材料は何だろう? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/06/29 08:34
虚偽表示・・・ギターは大丈夫?
有名ホテルレストランのメニューが発端になって次々と発覚しているこの問題。心の中では「やっぱりナ」という諦めにも似た感情を持っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/12 18:57
癒しのメリルギター
メリルギターの特徴というか、評判の代表的なものは音が太いというものだ。特に低音にその特徴が表れるが、私のメリルはOMなのでプレーン弦にも当てはまる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/25 18:54
良いギターを弾くと上手くなる?
決してギター屋さんの回し者ではありません(笑)。 しかし、昔から言われているこの言葉は、あながち間違いではない。ただ、「良いギター」の定義をキチッとしなければ誤解を招くことになりそうだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/14 16:43
夢の実現に向けて
定年退職の記念にオリジナルだけのCDを作る・・・これが私の夢である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/29 11:44
ミニギター
ミニギター また買ったのか? と言われそうだが違います(笑)。2007年に副賞でいただいたものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/24 22:09
メリルが戻ってきた
メリルが戻ってきた リペアに出していたメリルが戻ってきた。1弦と3弦がバズってきたので診てもらったのだが、原因はナットとフレットの磨耗。 弾き過ぎである(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/01/16 22:06
「弦を緩める派」のちょっとした後悔
2ヵ月程ブログの更新をしなかった。仕事がちょっと集中してしまい、家に帰ってからも疲れて書く気力がなかったからである。 それでも、この間もアクセスをしていただいた方が大勢いらっしゃったようで、こんな駄文なのに感謝・感謝である ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/25 16:58
ギターの美
ギターの美 ギターのボディー周りの装飾はヘリンボーンやアバロンが有名である。 若い頃はプリウォー・マーチンで使われていたヘリンボーンに憧れていた。これはHD−28を買う大きな理由になったと白状する。 アバロンはマーチンの42や45を始め、高級ギターの象徴のようなものであり、弾かずに見ているだけでも豊かな気分になってしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/10 20:49
DとOOO
E.クラプトンが使用したことで一躍脚光を浴びたOOO(トリプル・オー)サイズのギター。しかもそれがフィンガーピッキングだったものだから、いつの間にか「OOO(OM)=指弾き」という図式が出来上がってしまった感がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/19 21:28
トップ材
トップ材 ギターに使われる木といえばハカランダやマホガニーなど、バックやサイドで使われる木のことが話題になることが多いが、トップ(表甲)についてはそれほどでもないような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/14 21:41
マホガニーのギター
マホガニーのギター マホガニーのギターはローズ系と比べると値段が安い。だからといってギターのレベルが低いとか質が悪いということはない。 このことはギターを少しは知っている人なら常識であろう。材の値段が安いだけで、マーチンでいえば28や45には見向きもせず18を選ぶ人は大勢いる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/02/12 16:59
ビンテージ
ビンテージ 正月明けの新聞に、バイオリンの名器ストラディバリウスやグァルネリと現代の最高級バイオリンをブラインド状態で弾き比べたら、現代のものの方が評価が高かったという実験結果が発表された、という記事が載っていた。 単品ではなく6本を演奏した結果だったそうだ。しかも弾き比べた人は素人ではなく国際コンテストに集まった21人のバイオリニストだったという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/18 21:49
ギターの形 〜美〜
ギターの形 〜美〜 自分は保守的な人間なせいか、姿・形がユニークなギターにはチト違和感を覚えてしまう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/20 10:22
ポール・サイモンのギター
ポール・サイモンのギター 憧れのプレーヤーが使うギターと同じものを使えば、不思議と上手くなるような気になってしまう。 それに、「これと同じものをあの人も弾いている」と考えるだけで、何とも言えない気持ちになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/10 08:36
メリルOM−18
メリルOM−18 ブルーグラスの世界ではマーチン→コリングス→メリルと持ち替えるギタープレーヤーが増えているという話を知ったのは5〜6年前のことである。 しかし、製作本数は少ないようだし値段も高い。それにドレッドノートはHD−28で満足しているしD−45もある。なので正直言ってあまり関心はなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/25 21:39
12弦ギターのもう一つの使い方
12弦ギターのもう一つの使い方 J.デンバーとサイモン&ガーファンクルのファンである私にとって、12弦ギターはどうしても手元に置いておきたいものだ。不思議なことに「緑の風のアニー」と「エミリー・エミリー」は、歌いたくなる時が年に数回は訪れる(笑)。 当然、普通のギターでも歌えるのだが、やっぱり12弦でなければ出せない雰囲気があるのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/05 22:31
「和」のサウンド
「和」のサウンド 中川イサトさんの新しいCD「Sketch」をよく聴いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/03 15:44
ハカランダならば良いのか?
ハカランダならば良いのか? このテーマは、過去も現在も色んなサイトや雑誌などで語られているので、今さら私なんぞが書くことでもないと思っていたが、最近、某楽器店で「このギターはハカランダだからイイですよ」と勧められたので「ン?」と思った次第。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/17 18:43
ギターの値段
これまでに沢山のギターを買ってきたが、その値段については、正直な話、適正なのかどうか分からない。 分かったことは「良いギターは高い、でも高いギターが良いとは限らない」ということである。これは昔からお世話になっている楽器屋さんの言葉だが、実際に経験して確かなことと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/06/03 23:02
ポジション・マーク
ポジション・マーク フィンガー・ボードに輝くポジション・マーク。演奏中は本人の目に入らないので実用的には意味がないかもしれない。実際にクラッシックギターには基本的に無い。ギターの性能にも関係がない。しかし気になる存在である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/17 21:18
トーチ・インレイ
トーチ・インレイ かつてマーチンの40番台の高級機種のヘッドに入れられていたインレイである。我が国では「キャッツ・アイ」ギターに象徴的に入れられていたし、今でも国内外を問わず、マーチンスタイルの高級なギターに使われているようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/02 22:07
オベーションを使うとしたら
オベーションを使うとしたら オベーションギターは私が20代の頃、つまり1970年代からずっと気になっている存在である。 実際、買う寸前までいったことが2回ある。1回目はポール・サイモンがセントラルパークで使っていた黒いヤツ。2回目はグレン・キャンベルモデルだった。 何度か試奏した上で、クレジット申込用の印鑑と頭金用の現金を持って楽器店に行ったら「売約済」になっていた。なので、私には縁がないギターだと思いきかせている(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/27 18:26
「上手いなァ」と「いいなァ」
「上手いなァ」と「いいなァ」 ライブでもCDでも、終わった後に「上手いなァ」と思うことがある。 その場合は、複雑なフレーズをいとも簡単に弾いたり、目にも止まらない早弾きだったり、とにかく「とても真似できない!」と思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/11/21 16:53
充電(?)完了
先月のライブ以来、約1ヶ月の間ギターに触らなかった。もちろん、バンジョーやフラマンも含めて他の楽器にも触らなかった。こんなことは20年以上なかったことだ・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/26 21:17
手離したギターへの思い
手離したギターへの思い 先日、新しいギターを買うためにギターを手離した。思い起こせば、私はかなりのギターを買い、そして手離した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/08/29 18:37
オタクな本棚
オタクな本棚 部屋の本棚に並んだアコギ雑誌とLPレコードである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/06/27 16:50
ある日のライブ使用楽器
ある日のライブ使用楽器 ある日のライブに持って行った楽器がこれ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/20 18:37
3万円以下のギター
知人から3万円以下でギターを選んでほしいと頼まれた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/20 17:46
ギターが何本もあるということ
ギターが何本もあるということ こんなに沢山ギターを持っていていいんだろうか? と考えることがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/06 16:04
ギブソンが嫌いな訳ではない
ギブソンが嫌いな訳ではない 我がギター軍団にはギブソンの名がない。あまり好きではないのだろうと思われるかもしれないが、実は過去に2本持っていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/08 19:12
音が出ないギター
先日、サイレントギターを買った。別の目的で行ったリサイクル・ショップに置いてあったのだ。同じ中古でも楽器屋さんで売っている値段を考えるとかなり安かったので、チューニングペグの具合を確認し、即、家に戻ってお金を持ってきてお持ち帰りである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/28 17:32
ジョン・デンバーと12弦ギター
私が12弦ギターを欲しくなったきっかけは間違いなくジョン・デンバーである。彼の明るく爽やかな歌声と12弦ギターの煌びやかで美しい音色はピッタリと合っている。 自分の声質が彼とは全然違うことも忘れて「12弦ギターを弾きながらあのように歌いたい」と思っていた。特に「緑の風のアニー」は、他のジャンルを含めた中でも大好きな歌の1つである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/04/16 18:00
私のギターの選び方その3<ネック>
私はギター選びの最低条件は「弾きやすさ」と思っているが、そう書くと「弦高」と思う人がいるかもしれない。しかし、弦高はサドル・ナットを含めた調整により変えることが可能なので(ギターの状態によっては大掛かりなリペアが必要なものもあるが)、ひどい場合を除いては多少は気になっても買った後でも何とかなると思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/04/14 10:55
OOO−42ではないけれど(志賀ギター)
OOO−42ではないけれど(志賀ギター) マーチンの銘器OOO−42のようだが、個人製作家、志賀鉄三氏の手によるギターである。2004年に作られたもので、私が2代目のオーナーらしい。 グリーン・アバロンとメイプルのバインディングに縁取られたボディーは本当に美しい。 工場で作られたギターとは違い、ボディーラインの線が少し曲がっているところがあって、作りの精緻さという面で評価しない人もいそうだが、音とは関係ないし、逆に手工品の風合いが感じられて私は好きである。グレーベンだってかなり雑な作りをしているし・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/09 22:53
私のギターの選び方<その2 試奏>
私が試奏させてもらう際に気を付けていることは、まず楽器を傷付けないこと。当たり前のことだが、ついうっかりということもある。なので、まず金属類に触れさせないようにする。 ベルトのバックル、ジャンパーのファスナー、ネクタイピン、大きな石の入った指輪(持っていなけど)などはギターを渡される前に店員さんの目の前で外すか何かで覆う。そうすれば、「あ〜、この人はギターを丁寧に扱ってくれる」と思ってもらえるかもしれない。そう思ってもらえば、高級ギターも弾かせてもらえるチャンスが生まれるというものだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/01 15:23
私のギターの選び方
ブログを始めることにした。最近、歳のせいか物忘れをすることが多くなってきたので(笑)、今のうちに忘れてはいけないことを書き留めておきたいと思うので。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/31 23:14

トップへ | みんなの「ギター」ブログ

60過ぎのアコギ弾き ギターのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる