アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ギターの弾き方」のブログ記事

みんなの「ギターの弾き方」ブログ

タイトル 日 時
ふやけた指先
色々なことがあって、5月の中頃から我が家の台所仕事をやっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/04 15:55
コピーはいいがマネはいけない。
懇親会での大御所の一言。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/15 23:02
フォーム改造中
ちょうど一年前、フィンガリングの際に右手の指をボディに付けるべきかどうか悩んでいると書いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/28 18:12
視点を変えて
視点を変えて 40年以上続いた生活リズムを変えるのは簡単ではない。焦らずにノンビリとやろうと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/03 12:32
案山子 〜 Over the Rainbow
案山子 〜 Over the Rainbow 初めてこれに遭遇した時はたまげた。あるはずのない場所に人の顔があったのだから。しかも夕暮れ時だった。 思わず「ワッ」と声が出てくらいだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/13 09:09
指板上のテクニックC 〜ビブラート〜
次はビブラート。 弦に水平か直角に指を小刻みに動かして音を揺らす。ただそれだけのことだが、慣れないと意外に難しいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/16 18:23
指板上のテクニックB 〜ハンマリング〜
次はハンマリング。 これを使った最初は中学生の時、「ドナドナ」だった。「月間明星」か「月間平凡」の付録のギターの弾き方のようなものを見ながら練習した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/09 13:49
指板上のテクニックA 〜プリングオフ〜
次はプリングオフ。 真っ先に思い浮かぶのは吉田拓郎の「旅の宿」のイントロだ。 高校生だった私はこれを文化祭で弾こうと、何度も何度も練習した記憶がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/01 21:45
指板上のテクニック  〜スラー〜
ギター演奏にちょっとした色を添える、というか、アクセントを付ける方法と言えば、スラーやプリングオフ、ハンマリングやビブラートといった指板上の左手のテクニックだ。 教則本でも、ある程度基本ができた段階での次のステップとして書かれていることが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/29 21:34
表板に指を付けるか? 付けないか?
フィンガリングの際に、指を表板に付ける人と、そうでない人がいる。 ギャロッピング系の人は指を付けることが多く、近年のフィンガーピッキングの世界では指を離す人が多いように感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/28 21:42
ひざ痛はつらいよ
ひざ痛はつらいよ 10日程前からひざ痛がひどく、足をひきずって歩く始末になっている。特に階段を降りる時はつらい。 おかげで楽しみにしていた今朝の早朝散歩も諦めざるを得ない。せっかく早く目が覚めたのに・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/26 06:48
お薦めの教則ビデオ
私は教則本や教則ビデオをよく買う。ビデオでは全く役に立たないものもあったが、買って観なければ分からないので仕方がない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/07 17:36
ギターと喧嘩をしたのだろうか
上手い人のフィンガリングは実に滑らかだ。押さえる手も弾く手も、両方とも無駄な力が入っていないように見える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/20 17:23
ギターセミナーで教わったこと
ずっと一人で弾いていると、分かっているつもりでも実は疎かになっていることがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/17 19:45
レパートリーは多い方が良いか?
私がソロではほとんど人前で弾くことのないアマチュアだからこんな疑問が出るのだろう。アマチュアでも人前で弾く機会の多い人ならば、レパートリーは多い方が良いのに決まっている。愚問の極みである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/08 16:40
大切なテクニック・・・ミュート
ゆったりとした曲で複雑なテクニックを使わなくても弾けそうな曲がある。そんなに難しくはなさそうなので、コピーしたりタブ譜を見て自分で録音をして聴いてみる。 でも何かが違うのだろうか、全然良くない。指遣いやポジションは同じはずなのに何かが違う。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/07 18:17
基本と我流
最近、若手のギタリストが数多く活躍しているが、ネットや雑誌で経歴が公表されていることがあるので見てみると、ギターの専門学校で学んだり、プロに師事している人が多い。成る程と思う。しっかりと基本を学んでいる人は強い。基本の上に経験を積み上げることは王道のように思える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/05 19:19
中高年の星?
今年の赤レンガは、ステージではなく客席で楽しむことになった。これで10回応募して8回目の落選である。私も懲りない人間だ(笑)。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/09 16:03
オープン・チューニング
オープン・チューニング 最近のソロのフィンガーピッカーはオープンチューニングで演奏する人が多い。逆にレギュラーチューニングで弾く人の方が少ないかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/26 07:10
自己流の行き先
メディアなどに登場する若手のフィンガーピッカーの記事を読むと、ギターの専門学校で学んだり、プロの奏者に師事している例が多いようだ。 とても良いことだと思うと同時に羨ましい気持ちになる。基礎的な音楽理論を知っているのと知らないとでは、曲を作ったりアレンジしたりする場合やセッションする場合などで明らかな差が出ると思うのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/28 18:08
かつての難曲に再挑戦
You Tubeを見ていると、どう見ても十代半ばの若者(と言うより私から見れば子ども)がフィンガーピッキング・ギターの名曲を弾いている姿が見られる。 最近見た若者たち(女の子もいる)は、かつて私が難しくて弾くのを諦めた小松原俊さんの「くじら」や「First Shoes」等をしっかりと弾いている。私は「凄いなァー」と口を開けて見ているだけだった・・・(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/11 17:54
☆ と ☆☆☆
美味しいレストランのことではなく、教則本の曲のレベルのことである。 星一つはやさしくて初心者向き、星が増えるほど難しくて中・上級者向きという、アレである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/09 19:08
名曲 Chaplin in New Shoes
名曲 Chaplin in New Shoes 岡崎倫典さんの2007年のアルバム「Spiritdance」で聴くことができる。 倫典さんは元ナターシャーセブンの城田じゅんじさんの演奏を聴いて気に入ったそうだが、私も城田さんのソロLP「ソフト・シューズ」でこの曲を知り、好きになった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/13 09:37
名曲 Doc's Guitar
名曲 Doc's Guitar ギター弾きならばDoc Watsonという名前を聞けばBlack Mountain Ragを代表とするフラットピッキングが頭に浮かぶ。しかし、Doc Watsonはフィンガーピッキングの名手でもある。Windy&WarmやDeep River Bluesなど、テクニックだけでなく温かみも感じる演奏なので大好きである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/12 21:52
ポール・サイモンのギタープレイ
ポール・サイモンのギタープレイ ポールのギターテクニックについては、数え切れないほどのファンや大勢の研究家が世界中にいるので、私も機会があればそれらの記事を楽しく見させてもらっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/11 11:37
初心者にギターのお稽古
初心者にギターのお稽古 私は自己流でギターを覚えた。つまり教わり方を知らないので教え方も知らない。 そんな私に、甥っ子の嫁さんがギターを覚えたいと買ったばかりのギターを持ってきたのが今年の正月。その時は単音をやっと出せるという状態だった。 この前の連休に再び来たが驚いた。秦基博の大ファンで彼の歌をギターを弾きながら歌いたいというのがきっかけだったそうだが、彼の複雑な曲にチャレンジし、つっかえながらも、それなりにコードを弾いているではないか! 5ヶ月での急激な上達にビックリしたが、その秘密はユーチューブにあった。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/05/23 22:30
アルペジオの魅力
アルペジオの魅力 以前、アルペジオが上手く弾けないようなことを書いた。いまだに下手くそである。 先日昔から好きだったCDを久し振りに聴いたら、素晴らしいアルペジオを弾いていることに気が付いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/18 21:57
プロとアマの違い
押尾コータローを初めて聴いた時はブッ飛んだ。 こんな凄いテクニックを使う人は二度と出て来ないだろうと思ったら、見事にコピーして演奏するアマチュアプレーヤーがどんどん現れた。イサトさんや小松原さんの難曲を軽々(?)と弾きこなす人も多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/30 18:22
オヤジギタリストの老後は?
オヤジギタリストの老後は? 義兄が絵の個展のようなものを開いたので行ってきた。 ローカル線の30箇所余りの木造駅舎を水彩で描いたもので、素朴で味わいのある見事な出来栄えだった。地元の新聞にも取り上げられたようだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/06 21:06
カーターファミリーピッキングの真実
カーターファミリーピッキングの真実 メイビル・カーターさん。カントリー系ギターの基本的なピッキングスタイルである「カーターファミリーピッキング」の生みの親である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/30 20:58
アルペジオが弾けなくなった・・・
アルペジオが弾けなくなった・・・ バンドでライブをやっていると、お客さんからリクエストをもらうことが結構ある。我がバンドでのフォークのレパートリーのほとんどがキングストン・トリオという理由からなのか、リクエストはそれ以外、つまりPPMとかブラフォーが多い(そういえば、PPMのマリーさんが先頃亡くなったですね・・・合掌)。 今まではやらないことが多かった。理由は単に好きな曲が少ないからなのだが、断ってばかりいてもマズイだろうということでブラフォーの曲をやることになった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/13 17:40
サムピックは必要か
サムピックは必要か ギャロッピングをするプレーヤーの多くがサムピックを使っている。マール・トラヴィス、チェット・アトキンス、トミー・エマニュエル、その他大勢・・・・。逆に、使っていない人を探す方が大変かもしれない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/11 21:32
セーハを制覇する?
セーハを制覇する? ギターを始めようとする人の最初の関門がセーハである。セーハとは左手の人差し指を真っ直ぐ伸ばして、6本の全ての弦を押さえること。ライブの後に「私も若い頃にギターを持っていたけれど、Fコードが押さえられなくて諦めた」と話しかけてくる同年代の方が結構いらっしゃる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/09 16:50
ギャロッピングは難しいか
ギャロッピングは難しいか この連休は久し振りにまとまった時間が取れたので、ギターをたっぷりと弾くことができた。今回は思うところがあり、ギャロッピングに専念してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/08 22:43

トップへ | みんなの「ギターの弾き方」ブログ

60過ぎのアコギ弾き ギターの弾き方のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる